プレミアムブラントゥース?はははのは?何がおすすめ?

歯を白くするために必要なこと、それはまずは虫歯を治すこと!

初めまして。このサイトの管理人です。

 

このサイトは基本的にはどうやれば歯のホワイトニングでうまくいくのか、人気のある口コミ評価の高いいくつかのホワイトニング剤を用いて説明しています。

 

とくに、このサイトではプレミアムブラントゥースやはははのはなどそういったネット上でに口コミ評価が高いものが本当に効果があるのかどうかを念頭にしています。

 

虫歯の治療方法

 

白い歯を手に入れろ!黄ばんだ歯を白くするためのホワイトニング

 

実はまだ一度も歯医者さんに行ったことがない、または小さい頃に行ったきりしばらく行ってない
そんな方も多いのではないでしょうか?
未経験や、通院にブランクがある場合、どんな治療をするのか?、痛いのか?など不安もありますよね。
ここでは虫歯の治療の進め方についてお教えしたいとおもいます。

 

歯に黒いものがありませんか?

 

口をあけて歯を見てみたとき、奥歯の噛む面や歯と歯の間に黒いものができているものが
一般的には虫歯(う蝕)と呼ばれるものです。
痛みがない場合、放置してしまいがちですが、虫歯は放っといても治るものではありません。
治療しなければ進行しますし、治療方法も小さければ痛みがない治療で済みます。

 

プレミアムブラントゥースの茶カテキンやウーロン茶エキスでこういった汚れを落とすことができます。

 

小さな虫歯なら治療は簡単

 

白い歯を手に入れろ!黄ばんだ歯を白くするためのホワイトニング

 

小さな虫歯の場合は虫歯の部分を削りとり、その部分に白い歯科用レジンで補てんします。
神経が近くない部分を削る場合、大抵は痛みを感じません。
また、色が歯に近い色で補てんしますので見た目がキレイに白く仕上がります。
もちろん治療は歯を削りますので、痛いんじゃないか…と不安を感じるようでしたら、治療前に麻酔をしてもらうことも可能です。
ただ、この場合注意しなくてはいけないのが麻酔の注射は無痛ではないということです。
上手な歯科医師の場合、全くの無痛で麻酔をしてくれる場合もありますが、大抵は無痛ではないと思います。
なので、本当は無痛で済んだ治療を麻酔をしたために、痛い思いをしてしまったということもあり得ますのでご注意ください。

 

虫歯が大きいと歯に銀色の被せモノをすることも

 

次に、虫歯が神経に近い、または到達している場合。
こういった場合は、大抵は神経を除去する治療になり、最終的には歯の上に被せモノをすることになります。
神経を取り除くのは麻酔をしなくてはいけませんので、治療は少し痛みがあるかと思います。
また、麻酔のきき具合で追加で麻酔を足したり、神経に直接麻酔をすることもありますので、
場合によっては激しい痛みを感じることもあるかと思います。
神経の治療後は、状態によって様々なので一概にいえませんが、奥歯でしたら大抵はすっぽり被せる形の銀色のものが被さることになります。
因みに自費診療になりますが、場所によっては白いものを被せることも可能です。

 

神経の近くまで虫歯が進行しているか否かで、こんなにも治療方法や治療後の見た目が変わってきてしまいます。
一番は虫歯そのものにならないことですが、早期発見のためにも定期的に歯医者さんへ行くことをおススメします。