実は削らなくてもOK!近所の削らない歯医者さん

近所の有名な削らない歯医者さん

私の友達で、行きつけの自由診療の歯科医を持つ人がいます。

 

ご家族で、そこにしか行かないそうです。その歯医者さんは、自由診療にも関わらずなかなか予約が取れなくて、取れても2か月先くらいになってしまうそうです。

 

 

削らない歯医者さん

 

私は、この歯科医院の名前を控えていたのですが、無くしてしまいました。確か友達は、目黒区にある歯医者だと言っていたと思うので、ネットで探してみましたが探し当てることは出来ませんでした。(まあ、友達に聞けば一発で分かるのですが。)

 

何でそんなに有名なの?

 

その歯医者さんはむやみに削ったりしないのが診療方針で、時には虫歯には何の治療も施さず、代わりに肩や腰に整体のようなことをして帰すこともあるそうです。そして、また数か月後に経過を見せにいらっしゃいとおっしゃるそうです。

 

その歯医者さんによると、虫歯とは複合的な背景を持つもので、単に虫歯菌にやられたからだけで発生するものではではないそうです。

 

人間は定期的に身体が歪むし、成長期にはアンバランスな体になったりする訳ですが、虫歯とはこの時必然的に(?)副産物として出来るもので、身体の不調を整えればそれ以上悪化しない、というお考えを先生は持っておられるそうです。

 

私の友達は、この先生のお考えを全面的に指示しています。

 

実際息子さんに虫歯が出来て受診した際も、先生が施術されたのは歯ではなくて、息子さんの肩や背中など身体の方だったそうなのです。 そして、先生がおっしゃる通り、それ以降息子さんの虫歯は進行しなかったそうです。

 

私も、歯をむやみに削らないという先生の診療方針に興味を持ち、まず自分が受診してみようと思ったのですが、少し遠かったこともあり結局受診していません。(クリニックの名前も紛失しました)

 

しかし、you tubeを見ていたら「歯を削らない歯医者さん」の動画を発見しました。友達の行きつけの所とは別だと思いますが、こういったポリシーで虫歯治療を施す歯医者さんは、少なからずいらっしゃるのですね。驚きでした。

 

歯を削ると、数年後にはそこが新たな虫歯になるという恐ろしい話も聞いたことがあります。そうなると、削らずに虫歯と付き合っていくという方法の方が、実は歯が長生きするのかもしれません。私のように虫歯ができやすい人には、「削らない治療」は、一度検討の余地がある考え方なのかもしれません。