歯科助手がおすすめする歯のホワイトニング剤

歯科助手から見た歯を白くするための方法とは

歯科助手のお仕事

 

歯科医院で働くのは、何か資格が必要なのでは?と、思われますが
「歯科助手」なら、無資格で働けます。
でも、まったく経験がない場合、いきなり飛び込むのは勇気がいりますよね。
ここでは歯科助手がどのような仕事をするのか知ってもらい、少しでも不安が解消できたらと思います。

 

歯科助手から見た歯を白く保つための方法

 

歯科医師、歯科衛生士さんのお手伝いがお仕事です。

 

主にするのは、治療のアシスタントです。
歯科医師の向かい側で、患者さんの唾液など吸ったり、治療の術野を広げて治療しやすくするサポートをします。
場所によっては歯の型をとったり、銀歯をつけるための調整をしたりします。
受け付け業務も兼ねているところもありますね。
未経験の場合、まずは器具を覚えなくてはなりません。
それと歯科の疾患についても勉強していく必要があります。
最初は訳がわからないという感じで、ここでつまづいて辞めてしまうのがほとんどなのです。
歯科医院の求人が良く掲載されているのは、こういったケースが多く、人材不足な職場が多いからです。
一日の来院患者が多い歯科医院でしたら、何人も見ているうちに治療のパターンがつかめてくるので
よく周りを見ながら働くのがコツではないでしょうか。

 

そういった歯科助手の私がおすすめするのがプレミアムブラントゥース。口コミ評価も高いので、とっても使いやすくておすすめです。

 

衛生士さんと同じ業務をさせられることも

 

歯科助手はできる作業が限られています。
ですが、前述のように人材不足なところが多いです。
そうなると、衛生士さんと同じ業務を助手もやってもらっているのが現状です。
歯科助手は患者さんのお口の中に手を入れてはいけません。
なので歯の型をとる作業は本来、やってはいけないことなのです。

 

白い歯を手に入れるためにはパパイン酵素などを使って歯を白くホワイトニングしていきます。

 

ですが、ほとんどと言っていいほど、どこの歯科医院でも衛生士のするような業務を助手がしています。

 

全く知らない分野に挑戦するのは不安がつきものですよね。
でも、雇う歯科医院も未経験を承知で採用しているのですから、最初は分からなくて当然です!
最初はじゃんじゃん質問して力をつけていってくださいね。
とても専門的な仕事なので、できるようになっていくと達成感がありますし、やりがいも感じられると思います。
ぜひとも頑張ってみてくださいね。