歯周病から歯を守るためにできること

口臭が気になる?歯周病から歯を守るためにできること

放っておかないでほしい歯周病

 

歯周病と聞くと、お年寄りがなるもの。なんて思っていませんか?
実は若い人もたくさんのひとが歯周病になっています。
痛みがないので放置してしまいがちですが、ひどくなると歯が抜けてしまう恐ろしい病気なのです。

 

歯周病は、痛みが無いので気づきにくい

 

歯周病から歯を守るために必要なこと

 

とはいっても急に歯が抜けることはありません。
最初は歯肉が腫れて赤くなったり、歯ブラシをすると出血をしたり、などです。
このままの状態が悪化していくと、歯周ポケットという歯と歯茎の間がとても深くなり少しづつ歯が動くようになってきます。
このとき、歯を支えている骨が溶け出していて、これはもとに戻ることはありません。
最終的に歯の周りの骨が無くなり、支えがないので歯はグラグラになり抜歯するほかなくなってしまうのです。

 

さらに歯周病は口臭の原因の一つでもあります。
茶カテキンやウーロン茶エキスでしっかりとあらない流したいですね。

 

歯磨きをあまりしない人は要注意!

 

では、グラグラになるのはお年寄りになってからでしょう?と思われる方もいるでしょう。
ですが、若い方でもここまで悪化してしまう方が多いです。
歯ブラシが苦手だったり、そもそも歯を磨く習慣がないとという方もおられるでしょう。
放っておくと、歯にプラーク(歯垢)という汚れが溜まり、些細な刺激で出血してしまうほど歯肉は真っ赤になります。
このような状態が長く続くと、次第に歯がグラグラ動くようになって、最終的に歯が抜けてしまうのです。

 

歯が抜けてしまったら、入れ歯?

 

数本歯がなくなったときは残っている歯を使ってブリッジという方法もあります。
ですが、歯周病がひどい方の場合は全体的にグラグラしているので、残っている歯を使えないなんてこともあります。
歯がなくなったら入れ歯というのもというのも、若い方ですと抵抗がありますよね。
選択肢としてインプラントもできる場合もあります!
場所によって難しかったり、著しく骨が溶けてしまい、インプラントを埋めることができないこともあります。
また、インプラントは自費診療で高額です。
治療費の面で断念せざるを得ないなんてこともあるでしょう。

 

歯がなくなるというのは見た目も悪いですし、食べ物もおいしく食べるのが困難になり、治療費もかかります。
ですが、そうならないように毎日歯を磨いていればそういったことになるリスクが大幅に改善されます。
予防はとにかくブラッシングです!
固い歯ブラシだと短時間でスッキリしてしまうため磨き残しが多くなる傾向にあります。
柔らかい歯ブラシで時間をかけて歯磨きしてみてください。
いつも歯磨きの時に出血していたなら、これをするだけで出血がなくなりますよ。

 

プレミアムブラントゥースとかでオイルプリングとかしてもしっかり汚れが洗い流せるのでおすすめです。